Skip to content

ピアスに関しての失敗談はけっこうあります。とくに自力でピアスホールを入れた方にけっこうありがちですが、ヘタに行ったせいで傷口が化膿したり、金属アレルギーが悪化してしまうなど、さまざまな問題が発生するみたいです。失敗なく開けたいときは、やっぱり技術のある医療関係者に開けてもらうのがよいそうです。
お風呂へピアスをしたまま入る人がいますが、実のところそれは衛生的にあまりよくないと考えられています。石鹸の泡やリンスのすすぎ残しがピアスホールに入り込んでしまい、かぶれの原因に変化することもあり、さらに金属でできたピアスですとサビが出て体に悪い影響を加える可能性を備えているからであります。
単純にオシャレ目的で使用したピアスが、思いもつかない危険性を秘めているケースがあります。とくに女性に多いことでありますが、ブラっと下がるようなチェーンタイプのピアスを装着したことにより髪や洋服などに引っかかり、ピアス穴に怪我をしてしまう場合です。流血も考えられるので注意してください。
売っているピアスを選択するときの注意点に関してですが、タウンユースで使用するものでしたらどんなユニークな見た目であってもお気に入りのタイプを選んでOKでしょう。ですが、オフィスにも付けて行きたいとした場合、あまり派手なものはNGです。小さな石が付いた程度の、シンプルめなアイテムをチョイスするようにするのが一般常識です。

ピアスを利用するようになったことで、いろいろな病気を患ってしまわないか心配する方がいらっしゃいます。ですが、普通に利用しているのであれば病気になるようなことはほぼ0%です。耳が聞こえなくなるとか、視力が低下してしまうなどといった噂が出ていたりすることもあるかもしれませんが、いずれにせよ都市伝説とおぼしき話です。
一回ピアスホールを通してしまえば、その後はピアスを取り付ける際はまったく痛みは伴いません。ですが、質量のあるピアスだと重さのせいで穴が引っ張られ痛みを伴うようになったり、または穴が化膿して痛みが生じてしまうといった状況もあります。いずれにせよ、痛みが出ているときは無理しながら付けないようにするのが得策です。

ピアスで成功したいと考えたら、上手にピアスホールを作るのが重要です。実は、ごく微量の金属アレルギーがあった人が、ピアスを付けたことで一気にアレルギーが発生するというケースが往々にしてあるといいます。ピアス穴を入れたらすぐに付けるのではなく、傷口がしっかり治ってから付けるようにしましょう。
一部にはピアスのホールを自分で開けると、真っ白い糸くずが出て、その糸くずを切ると目が見えなくなると言った噂を信用している人が居るのですが、全くの迷信です。白い糸のような物質はピアスの穴の中にたまってしまった垢なのです。特にホールが落ち着いた人に見られる現象ですが、トラブルの原因ではないです。安心して取り除きましょう。