Skip to content

ピアスを開けるにあたって

耳以外に付けるピアスアイテムは、分類的にボディーピアスといった名称で呼ばれています。そして、穴を開ける部位にも各々名称が付けられています。例えば頬の肉にするのは「チーク」、鼻の付け根を左右に通すのは「ナサラング」といった具合です。マニアの人は、体のさまざまな場所に付けていると聞きます。
大人の男の人がピアスを身に付けていても今の社会では何も文句を言われませんが、やはりビジネスの場で指摘を受けてしまう可能性は依然としてあります。その逆で女性の場合には、仕事の場面でもオッケーなケースが多いです。大丈夫と言うよりもちょうどいいピアスは必需品とも言えるため、控え目な仕事向けのピアスを何個か用意してください。
先端にさまざまな石が付いたピアスから、垂れ下がった装飾が付いているピアスまで、いろいろなデザインが存在しています。ピアス選びはだいたい洋服と髪型のバランスで決まります。ヘアスタイルをぴったりとセットした場合は逆に揺れる長めのピアスを付けるなど、対比を重視して着用しましょう。
ピアスの大きさについてですが、これは一般的にG(ゲージ)といった値で表示しているみたいです。市販の製品でみれば、一番ミニサイズの20Gのものが0.8mmの太さに造られています。この大きさと18Gのものが、基本的なピアスの大きさとして製造されているそうです。Gが下がっていくごとに、太さは太くなっていくようです。

片側に1つだけピアスを通していると、時には特別な意味が出てしまうと恐れている人が存在しますが、余り神経質にならないでください。ゲイやレズビアンを意味してしまうと考える方も存在しますが、大多数の一般人ははっきりとその意味を理解していません。感性に従って好き勝手に装着するといいです。
大部分の面接官はピアスの穴をそれほど気にはしません。悲観的にならなくても平気かもしれませんが、やはり穴が心配なら、何かの対策をしておいた方が安全かもしれません。とりわけ就職活動の大詰めで高齢者の役員と面接するときは、気を付けて挑みましょう。肌色をした軟膏を穴にすり込んで隠すといいと言う話もあります。

もともと耳たぶの大きさは、金銭に関する運を暗示すると考えられています。耳たぶの発達している人は福耳と呼ばれているのですが、その福を暗示する大きな耳たぶにホールを開けてしまうピアスです。財運を落としてしまうと考えられています。ただし、あくまでも一部の占い師の意見です。気にならない人ならば、思い切り装着してもオッケーです。
ピアスがここ日本国内で一般的に使用されるようになったのは、1930年頃からと言われております。しかし、実を言いますと古墳時代の発掘品などから、当時の日本人たちがピアスをしていたという実態が分かっています。そのときから長い間ピアスの使用は無くなったのでありますが、現代になり再び普及したのであります。