Skip to content

ピアスに対する世間の目

女の人の場合は装身具を身に付けていても全く問題ないので、オフィスでピアスを付けていても大丈夫です。女性の場合、片耳だけだと目立ってしまうので、むしろ公式の場面では両耳にピアスを装着した方がしっくりときます。かえってフォーマル度が増してくれるのです。
耳たぶに取り付けるピアスが主流ですが、古いローマにあっては、大人の男性が乳首の先にピアスを付けていたという記録もあります。古代のローマ人は裸にマントを羽織っていたため、そのマントがずれてはだけないように乳首に付けたピアスの金具で固定していたのです。本来は装身具ではなく生活日用品だったのです。
ちょっと前まではピアスと言うと、日本では女性が楽しむアクセサリーの1つでした。しかしその後、男性有名芸能人などがピアスを付けたままテレビに出始めると、普通の男の人たちもピアスを装着するようになっていきました。男の人であれば片耳にだけピアスを装着するなど一昔前は決まりが存在しましたが、現在はそのような決まりすら消えているようです。
日本語ではピアスと言っていますが、本来の英語では実際にはpierced earringsと言います。piercedとは日本語訳を言うと穴の開いたと言うような定義になっています。穴が開いている耳たぶに刺し通すイヤリングだから、pierced earringsと言われていると言えます。イヤリングの個所は省略されているのです。

昔から衰えず、ピアスはファッションアイテムとして抜群の人気を誇っています。細部のファッション性をアップさせるためにはすごく有効性のある製品でありまして、とくに女性からの支持は高いはずです。たいていの人は高校生や大学生となれた頃から付けるようですが、世界的に見れば幼児の頃から付ける人も存在するそうです。
男の人でも女性でも、ピアスをしている人からしてみれば、ピアスのプレゼントは思わず喜んでしまうと思います。どうでしょうか?衣服や季節に合わせてピアスを替える人が多いです。ピアスが多い方がいいに決まっています。ピアスは常に体の一部に付いている装身具でもあるので、贈った思いも長い間伝わります。

素敵な見た目のピアスは、今では本当に増加したと思います。単純な丸型やチェーン型だけでなく、複雑な形状をしたものや、細かな絵柄が入れられたものなど、好きなアイテムが確実に見つけ出せるというのは魅力的ですよね。依頼すればオーダーメイド製品も比較的容易に作成できるので◎です。
近年においては、ピアスを入れる年は低年齢化しつつあります。小学生や中学生の頃にピアス穴を開けるのもそんなに珍しくなくなってきていますし、むしろ、拒絶する子供に親が強行して付けさせるというお家も見受けられるほどです。どのようであれ、無理しない程度にやってもらいたいです。